読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイエット豆知識

ダイエットに関する様々な情報を医学的根拠、経験談から配信しています。ツライ運動や食事制限をしなくても、楽してダイエットを成功させるポイントも分かりやすく紹介しています。

こうじ酵素の主成分「麹菌」の驚くべき効果とは?

今ネットで話題の『こうじ酵素』。これは麹菌をサプリメントに取り込んだものなのですが、ダイエットや美容、健康促進に効果があると人気なんです。

麹菌の効果については薬理的にも今すごく注目されてるんですよね。

ですので、今回は特に薬理的な面で麹菌にどんな効果が期待できるのかをまとめてお話ししたいと思います。

 


①整腸作用


麹菌は日本でも古くから用いられています。味噌、醤油、日本酒、焼酎などです。麹菌はその安全性が古くから証明されている発酵菌ですよね。

この麹菌は私たちの体内でアミラーゼやプロテアーゼなどの酵素を生成するのですが、これらがでんぷんやタンパク質に大きく関わってきます。

麹菌の酵素が働く事で、消化が格段に良くなるで、当然腸への負担が軽減されます。

また、健康な腸の状態は善玉菌が悪玉菌の勢力を上回っている時なのですが、麹菌自体が「善玉菌」に分類されているので、単純に麹菌を体内に入れるという事は腸を元気にするという事です。

 


②シロチナーゼを抑える作用


美白に取り組んでいる人なら良く聞く「シロチナーゼ」。これは、お肌が紫外線やストレスなどの原因で刺激を感じると、皮膚の表面で活性酵素が生まれます。

これはフリーラジカルと呼ばれるものです。

そうすると、表皮細胞から表皮の奥にある「メラノサイト」つまり色素形成細胞へ信号が送られ、この信号を受け取ると活性化するのが「チアノーゼ」なんですよね。

このチアノーゼが活性化しアミノ酸の一種のチロシンに作用すると、メラニンが生成されます。

ですので、シロチナーゼを抑制する事で、メラニンの生成を抑え美白になる事ができるのです。

麹菌にはこのシロチナーゼを阻害する働きがある事が証明されています。

 


③血圧上昇を抑える作用

2016年3月15日に塾講師でタレントの林修さんがMCを務めるTVで「甘酒が血圧の上昇を抑制する」という内容の番組がオンエアされました。

それによると、甘酒に含まれているペプチドという成分が血圧の上昇を抑えるのだと言います。

つまり、こういうメカニズムです。

血圧が上がる大きな要因として、血液中に存在するアンジオテンシンⅠというホルモンがありますが、例えばストレスとか塩分の摂りすぎとかで、ACE酵素という酵素が元気になってしまい、アンジオテンシンⅠを悪さをするホルモンアンジオテンシンⅡに変換させてしまうのだそうです。

このアンジオテンシンⅡは、血管を収縮させてしまいますし、血液中の塩分が外に排出されるのを阻害するのです。

このようにして血圧が上昇するわけです。

それで、甘酒に含まれるペプチドが、アンジオテンシンⅠがⅡに変換されるのを抑制してくれるので、結果血圧の上昇を防ぐ事ができるんですね。

そんな甘酒は麹菌が含まれています。

これが、麹菌が血圧の上昇を抑えるメカニズムなんですよね。


こんなふうに、ダイエットや美白、健康にも多くの良い影響を与える麹菌。

こうじ酵素はその麹菌を生きたまま眠らせて加工したサプリメントなんです。